FC2ブログ

一撃必勝 万券大王

競馬最強の法則に8回も掲載され認められた本物の穴予想です。

今週のレース展望

今週のレース展望

シリウスSの穴軸◎候補は ⇒ 

スプリンターズSの穴軸◎候補は ⇒ 

現時点の状態が良さそうな穴軸◎候補です。
但し、追い切り後に変更する場合があります。
最近はローズSのウリウリ、オールカマーのヴェルデグリーンを最終的に掲載しました。

シリウスSは2006年からハンデ戦になり2006年は代替で中京で開催され
2007年から阪神ダート2000mで行われるようになりました。
近5年の1人気の成績は【1.1.1.2】、2人気は【1.1.0.3】、
3人気は【1.1.0.3】だが1人気、2人気が共に3着内だったのは去年だけで
他の4年は1~3人気の内の1頭しか馬券に絡んでいないので難解なレースです。
同条件になった2007年以降でハンデ57k以上の成績は【0.3.2.8】だが
57.5k以上だと【0.0.2.5】まで落ちてしまいます。
今年の重いハンデ馬は58.5kのグランドシチー、57.5kのナイスミーチューだが
2頭とも後方からの追い込み脚質なので全幅の信頼を置くのは危険です。
1人気はハートビートソング、サトノプリンシパルどちらかになるでしょうが
ハートビートソングはダート重賞勝ちがないのに57kのハンデで
サトノプリンシパルは古馬初対戦なので2頭とも危なっかしい人気過剰馬です。
人気馬すべてに不安要素があるので今年は大きく荒れそうな匂いがします。
シリウスSは必ず【万券大王】で配信するので会員様は大いに期待して下さい。

スプリンターズSはロードカナロアをどう扱うかが重要なポイントになります。
前哨戦のセントウルSは2着に敗れて連勝が止まったが
ハクサンムーンより2k重い58kでクビ差なので悲観するような結果ではありません。
ただ、セントウルSは行きっぷりが悪くなっていて
去年よりトップスピードに乗るまで時間が掛かっているのです。
去年のセントウルSはスタート後が12.0秒、10.3秒だったので
スタート後は岩田が手綱を押して前に行っていたが
今年は12.0秒、10.9秒という遅い流れだったのに
3番手に上がるまで時間が掛かり岩田は手綱をガンガン押して上がっていました。
この行きっぷりの悪さが休養明けのせいなのか58kのせいなのか
安田記念を使ったせいなのか分からないが行き脚が悪くなっているのは確実です。
今年は去年より相手の質が落ちていてほとんど負かした相手だが
去年のようなスピードは無いので飛んでしまうケースを考えて予想した方がいいでしょう。
ハクサンムーンは使い詰めで上がり目は薄く
ドリームバレンチノは近2走が不振なので今年は波乱が起こるかもしれません。
去年のスプリンターズSは配当は安かったが人気薄◎から的中させました。

2012年 スプリンターズS 【万券大王】
◎ドリームバレンチノ(9人気) 3連複4300円 的中

去年は9人気◎ドリームバレンチノが3着に激走し3連複を的中させました。
今年は人気なので◎にできないが既に狙いを付けている人気薄がいるので
その馬を◎にして高配当を獲りにいきます。

2013年春のG1レース【万券大王】均等買いの回収率484.3%

今年の春のG1レースの回収率は484.3%でした。
秋のG1レースも人気薄を◎にして会員様に喜んでもらえるような提供をするので
会員様は秋のG1レースも大いに期待して下さい。

9月25日のブログ、メルマガでシリウスSの調教診断を公開します。

高配当必至のシリウスS、スプリンターズSで高配当を獲りたい方は
info@manken-d.com へ申し込みして下さい。
当方からの返信は info@manken-d.com
からになるのでメール受信の際は設定に注意して下さい。

例年やっている【G1大王】の受け付けを始めました。
JRA主催のG1レース 11戦+α 6000円
配当妙味がある統一G1レースも配信する場合があります。
配信は必ず【万券大王】になります。

申し込み http://www.formzu.com/formgen.cgi?ID=4524191

買い方、買い目、料金詳細は コチラ

【万券大王】の買い目を均等買いした場合です。
人気薄◎から1点300円、500円購入でも大きく勝てるのです。

2013年の重賞レース(G1含む) 均等買いの回収率122.5% 
1点300円均等買いで+158940円
1点500円均等買いで+264900円

近41週で万馬券38本含めて高配当69本的中で確変中

当会は2002年の開設から嘘、偽りの成績を掲載していた場合は全額返金しています。
買い目にないのに的中というような不正行為は当会は一切していません。
全て真実の成績なので競馬最強の法則の取材を受けて雑誌に掲載されるのです。
スポンサーサイト



  1. 2013/09/24(火) 18:57:03|
  2. レース展望