FC2ブログ

一撃必勝 万券大王

競馬最強の法則に8回も掲載され認められた本物の穴予想です。

ラジオNIKKEI賞の調教診断

2000人参加の13年~14年の公式予想大会
回収率175.0%、+658750円
年間収支ランキング1位を達成

2000人以上の大勢の方が参加している大会で
月間1位ではなく年間1位なのでとても名誉あることです。


【万券大王】は確変モード中です
今年の競馬開催26週中で【万券大王】の的中なしは5週だけ
前26週で特大万馬券を24本を含めて高配当を35本的中

前9週の高配当的中は10本です。

【万券大王】の高配当的中の内訳
7万円台 1本 4万円台 2本 3万円台 2本
2万円台 2本 1万円台 17本 1万円以下 11本

申し込みフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/8b980b60289710

買い方、買い目、料金詳細は コチラ

◆ラジオNIKKEI賞の調教診断

当会が見た調教の評価付けをしています。特A、A、B、Cの4段階です。

★クラリティシチー 55k 評価 C
南W 68.4 53.4 39.4 12.8 一杯

OP馬ダイワファルコンとの併せ馬でした。
攻め駆けするダイワファルコンに遅れてしまったのは仕方ないが
最後まで脚は止まっていなかったのでB評価にしました。
ただ、テンをゆったり入っているのに各ハロンのラップが遅いので
C評価に近いB評価です。
前走終了後は7日後の6月8日から乗り込みを開始していて
今日を含めて4本時計を出しています。
中5週で4本なので攻めの量は少し不足していて
速い時計を1本も出していないので攻めの質もイマイチです。
前走の500万クラスは出遅れず好スタートを切り
ハナに立ちそのまま押し切りました。
3着メドウヒルズ、4着トレクァルティスタ、8着ダイワジャストが
次走で500万クラスを勝ち上がり2着イントロダクションは
次走で1着と同タイムだったのでレースレベルは高かったです。
そのレースを2着に1馬身半差の決定的な差をつけて勝ったので
クラリティシチーは相当強い競馬をしたのです。
能力が開花しつつある今ならばチャンスは十分あるが
右回りの小回りで前走のような競馬ができるかどうかです。
今まで右回りの中山を3回走っているが3回ともスタートが悪く
押して押して前に行く競馬しかできていないのです。
福島開催の近5年で過去に芝、ダート、距離問わず
直線が短い内回りで1着がなくこのレースで3着内だったのは
ヤマニンファラオ、ストロングガルーダ、ダイバーシティの3頭だけです。
ヤマニンファラオは過去に内回りの出走が1回だけで結果は3着で
ストロングガルーダ、ダイバーシティの2頭は
このレースが初めての直線が短いコースだったのです。
クラリティシチーは直線が短いコースを3回走っているが
3着が1回しかないのでこういう馬は近5年で来ていないのです。
勝ち切ってしまう能力は持っているので切り捨てることはできないが
クラリティシチーに厚い印を打つつもりはありません。

★ショウナンワダチ 56k 評価 A
南W 65.2 49.2 36.2 12.5 馬ナリ

未勝利馬ロジモンとの併せ馬でした。
馬ナリだったがスピード感が抜群で力強さもある脚捌きで
この動きならば文句なしのA評価です。
前走終了後は短期放牧に出されて6月12日に美浦に帰厩しています。
翌日の13日から乗り込みを開始していて
今日を含めて6本時計を出しています。
帰厩後は週に2本ずつ時計を出しているので攻めの量は足りていて
2週連続で併せ馬をやっているので攻めの質も良いです。
左回り巧者だが右回りの朝日杯は大外枠が響いただけで
NZTはスムーズにコーナーを回ったので苦手ではないでしょう。
問題はトップハンデの56kを背負わされることで
近5年のハンデ56k以上は【1.1.0.10】なのです。
連対した2頭はストロングガルーダ、マイネルラクリマだが
2頭とも前走で56kを背負って1800mを勝っているのです。
ショウナンワダチは1800m以上で連対がなく
56kを背負っての勝ちもないので上記の2頭とは違うのです。
実績は最上位なので切り捨てることはできないが
ショウナンワダチに全幅の信頼を置くのは危険です。

★ピオネロ 55k 評価 C
CW 83.7 67.9 53.3 39.6 12.7 一杯

テンをゆったり入っているのに直線の途中で反応が鈍くなり
助手がガンガン押すが伸びはイマイチだったのでC評価にしました。
前走終了後は短期放牧に出されて6月19日に栗東に帰厩しています。
6月22日から乗り込みを開始していて
今日を含めて3本時計を出しています。
帰厩するのが遅れてしまったので攻めの量は不足しているが
2週連続で一杯でやっているので攻めの質は良いです。
前走は久しぶりの右回りコースだったがスタートを決めて
中団から33.8秒の末脚を使いました。
時計だけ見れば速いがスパッと切れる末脚ではなく
ジリジリ伸びるだけで突き抜けるような勢いはなかったです。
過去の7戦でメンバー最速上りを使ったことが1回もないので
良い所まで来るが一押し足らない詰めが甘い馬なのです。
父がネオユニヴァースというのも大きなマイナスで
近10年の成績は【1.0.1.15】とボロボロで
メジャーな産駒の中で連対率は最低なのです。
速い上りが使えず詰めが甘いネオユニヴァース産駒の特性を
そのまま引き継いだような馬なので厳しいレースになるでしょう。
福島が得意な蛯名が乗るので切り捨てることはできないが
ピオネロに厚い印は絶対に打てません。

◆ラジオNIKKEI賞の人気薄穴軸◎予定馬

馬名は ⇒ 

前走終了後は直ぐに乗り込みを開始していて
攻めの量は多く負荷を掛けてやっているので攻めの質も良いです。
前走は2番手の馬が絡んで来る苦しい展開だったが
逆に2番手の馬が失速して内から差し馬が来て並び掛けるが
差し返して突き放す内容の濃い競馬で高評価しています。
同型馬の存在が厄介だが番手から差す競馬もできるので
抽選待ちだが出走できれば一発あってもおかしくありません。

十八番のドル箱の中京、福島、好調な函館で
高配当を獲りたい方(申し込みフォームが使えない方)
info@manken-d.com へ申し込みして下さい。

現在、gmail.com のアドレスの受け付けは不可ですが配信は可能です。
gmailアドレスに配信希望の方は他のアドレスで申し込みして下さい。
入会後に配信希望のgmailアドレスを聞きますので配信します。


当方からの返信は info@manken-d.com
からになるのでメール受信の際は設定に注意して下さい。
送信から12時間経ってもメールが届いていない方は
ご自身の携帯のメール受信設定をもう一度確認して下さい。
用件のない空メールはご遠慮お願いします。

申し込みフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/8b980b60289710

ホームページ http://manken-d.com/
メルマガ http://keiba.tv/m002302
http://www.mag2.com/m/0000105907.html
ホームページ、メルマガに過去の全成績を掲載しています。

2002年の開設から偽りの成績を掲載した場合は全額返金しています。
買い目にないのに的中というような不正行為は当会は一切していません。
全て真実なので競馬最強の法則の取材を受けて雑誌に掲載されるのです。

スポンサーサイト



  1. 2014/07/02(水) 23:06:22|
  2. 調教診断