FC2ブログ

一撃必勝 万券大王

競馬最強の法則に8回も掲載され認められた本物の穴予想です。

共同通信杯の調教診断

2000人参加の13年~14年の公式予想大会
回収率175.0%、+658750円
年間収支1位、3連複部門1位をダブルで達成


賞状です ⇒ image08021.jpg

競馬最強の法則8月号に当会のことが紹介されています。
【穴党にもかかわらず的中率13.2%は立派の一言】とあるが
2000人以上の大勢の方が参加している大会で
月間1位ではなく年間1位なのでとても名誉あることです。

申し込みフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/8b980b60289710

◆前10週の【万券大王】の成績

前10週の高配当的中は15本
71240円 57500円 42400円
20400円 20260円 19820円
11730円 10140円 8220円
7710円 7970円 7460円
7100円 6210円 5400円

前5ヶ月半31週の3連複、馬単高配当的中の37本の内訳
74070円 71240円 57500円 56470円
52110円 47880円 42400円 40530円
36090円 33430円 28540円 24720円
22700円 21900円 20400円 20260円
19820円 18960円 14270円 11730円
10750円 10340円 10140円 8680円
8130円 8220円 7710円 7460円
7240円 6760円 6210円 6250円
5400円 4100円 3980円 2860円 2680円

【万券大王】は好調なので今週も高配当はお任せ下さい。

買い方、買い目、料金詳細は コチラ

◆共同通信杯の調教診断

当会が見た調教の評価付けをしています。
特A、A、B、Cの4段階です。

★アヴニールマルシェ 評価 B
南W 68.7 52.8 38.5 13.6 馬ナリ

1000万クラスのバンスタンウォルツ、
500万クラスのマンインザムーンとの3頭での併せ馬でした。
馬ナリの余力残しで時計はたいして速くはないが
ゴール前の伸びは良かったのでB評価にしました。

前走終了後は放牧に出されて1月15日に美浦に帰厩しています。
翌日の16日から乗り込みを開始していて
今日を含めて10本時計を出しています。
コース、坂路を併用して10本なので攻めの量は多いが
10本すべて馬ナリで負荷を掛けての併せ馬が
2本だけなので攻めの質はイマイチです。
前走時も休養明けだったが中間に併せ馬を4本やり
負荷を掛けていたので今回は前走時とは内容が違います。

昨日のレース展望に記載した分と重複するが
アヴニールマルシェにマイナス点はあります。
3戦1勝だが2回の2着は1着と同タイムなので
運があれば3戦全勝していたかもしれません。
ただ、前走の東スポ杯の2着は運がなく負けたわけではありません。
前が詰まる不利があったが前が開いてからはスムーズで
上り3Fは外々を走ったソールインパクトより遅い34.3秒で
上り時計はメンバー中で4位だったのでイマイチ弾けなかったのです。
ソールインパクトが後のホープフルS、京成杯で4着に負けているので
アヴニールマルシェの東スポ杯の2着は怪しいのです。

どのような流れになっても堅実なので切り捨てることはできないが
アヴニールマルシェに全幅の信頼を置くのは危険です。

★ティルナノーグ 評価 C
CW 81.7 66.6 51.8 38.3 12.6 一杯

未勝利馬モアニケアレ、オメガハートソングとの3頭併せ馬でした。
10馬身くらい後方からの追走だったが大外でなく最内を走って
馬ナリだった3歳牝馬未勝利に差し返されてしまい
終い1F12.6秒も要しているのでC評価にしました。

前走終了後は6日後の1月3日から乗り込みを開始していて
今日を含めて6本時計を出しています。
中6週で6本なので攻めの量は足りていて
2週続けて併せ馬で一杯でやっているので攻めの質も良いです。

前走は小回りの8枠15番に入ってしまいスタートがイマイチで
後方2番手の絶望的な位置取りになってしまいました。
3~4角中間点から武が追い出すが反応が悪く
直線に向いても流れ込むだけで全く伸びませんでした。
初めての輸送がありながら馬体重がまた増えていたので
弾けなかったのかもしれないが前走の内容はイマイチです。

近5年の3着内15頭中でこのレース前まで
二桁着順があったのは13年で1着のメイケイペガスター、
11年で2着のユニバーサルバンク、
3着のディープサウンドの3頭しかいません。
メイケイペガスター、ユニバーサルバンクは2頭とも
2走前が二桁着順だったが前走のOP特別で3着、2着で
ディープサウンドは前走はホープフルSで1人気で10着で
3人気で10着だったティルナノーグと似ているが
2走前に11年の共同通信杯の勝ち馬ナカヤマナイトに
勝っている実績がありました。
ティルナノーグは2走続けて凡走していて
こういう馬は近5年で1頭も3着内に来ていないのです。
それに強烈な末脚のイメージがあるが実際は違っていて
4戦して最速上りは1戦だけなのでそれほど切れないのです。

距離短縮と広いコース変わりで状態も良さそうなので
一変するかもしれないが凡走する可能性の方が高いので
ティルナノーグに厚い印は打てません。

★リアルスティール 評価 B
坂路 54.1 39.3 25.0 12.2 馬ナリ

3歳OP馬タイセイラビッシュとの併せ馬でした。
終い1F12.2秒は自己ベストでこの時計が馬ナリで出たが
真っ直ぐ走れない幼い面を道中で見せてしまい
4F、3Fの時計が遅いのでB評価にしました。

前走終了後は6日後の1月3日から乗り込みを開始しているが
使うレースがなく1月8日に短期放牧に出されて
1月27日に栗東に帰厩しています。
翌日の28日から乗り込みを再開して
今日を含めて5本時計を出しています。
コース、坂路の併用で5本ならば攻めの量は足りていて
2週続けて併せ馬でやっているので攻めの質も良いです。

前走の新馬戦は2着リベレーターに0.6秒差をつける圧勝で
そのリベレーターは次走の未勝利戦を勝っているので
相手に恵まれた勝利ではないがレースの質はイマイチです。
前後半4F差-4.8秒の上り3Fだけの競馬になり
レースの上り3Fは33.6秒だったが
リアルスティールは33.3秒の脚しか使えませんでした。
上り3Fラップは11.2秒-10.7秒-11.7秒で
終い1Fが2F目から1秒も減速しているのです。
超Sペースで上り3Fだけだったので
終い1Fは11秒前半が出ておかしくないのに
11.7秒も要したので高評価できないのです。
それに翌日の同じ1800mだった2歳未勝利戦も
リアルスティールと同じ1分50秒8だったので
走破時計もたいして速くはないのです。
Sペースを引っ掛からず折り合ったセンスの高さは認めるが
レースの質はイマイチだったのです。

近5年で新馬戦からの直行は2頭いたが
共に11着に大敗していてキャリアの浅さもマイナスなので
リアルスティールに厚い印は絶対に打てません。

◆共同通信杯の人気薄穴軸◎予定馬

馬番が悪い時や馬体重の大きな増減があれば変更するかもしれません。

馬名は ⇒ 

前走終了後は直ぐに乗り込みを開始していて量は足りていて
1週前に併せ馬で速い時計を出しているので攻めの質も良く
今日の攻めが絶品で状態は相当良さそうです。
前走は勝負所でマイネルシュバリエが外から被せて来たので
仕掛けが早くなってしまい最後は失速したが見せ場はありました。
着順は悪いがゴール前で不利があったせいなので
まともならばもう少し上の着順に来ていたでしょう。
攻めを強化して距離短縮は大歓迎で得意な左回りならば
一発あってもおかしくありません。

波乱必至の小倉、クイーンカップ、共同通信杯で
高配当を獲りたい方(申し込みフォームが使えない方)
info@manken-d.com へ申し込みして下さい。
用件のない空メールはご遠慮お願いします。

現在、gmail.com のアドレスの受け付けは不可ですが配信は可能です。
gmailアドレスに配信希望の方は他のアドレスで申し込みして下さい。
入会後に配信希望のgmailアドレスを聞きますので配信します。


当方からの返信は info@manken-d.com
からになるのでメール受信の際は設定に注意して下さい。
送信から12時間経ってもメールが届いていない方は
ご自身の携帯のメール受信設定をもう一度確認して下さい。

申し込みフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/8b980b60289710

ホームページ http://manken-d.com/
メルマガ http://keiba.tv/m002302
http://www.mag2.com/m/0000105907.html
ホームページ、メルマガに過去の全成績を掲載しています。

2002年の開設から偽りの成績を掲載した場合は全額返金しています。
買い目にないのに的中というような不正行為は当会は一切していません。
全て真実なので競馬最強の法則の取材を受けて雑誌に掲載されるのです。

スポンサーサイト



  1. 2015/02/11(水) 20:54:51|
  2. 調教診断