FC2ブログ

一撃必勝 万券大王

競馬最強の法則に8回も掲載され認められた本物の穴予想です。

神戸新聞杯の調教診断

2000人参加の2013年~2014年の公式予想大会
年間回収率175.0%、+658750円

年間収支ランキング1位、3連複部門1位をダブルで達成
2000人以上の大勢の方が参加している大会で
月間1位でなく年間1位なのでとても名誉あることです。

偽りが絶対にない予想大会の実績が当会の実力を証明しています。

◆7月~9月3週目まで12週25日間の【万券大王】の成績

近12週25日間の【万券大王】の買い目を均等同一金額買いで
1点100円購入 純利益+74810円
1点500円購入 純利益+374050円

近12週25日間の人気薄◎1頭軸マルチ3連単均等買いの場合
1点100円購入 純利益+410740円

7月~9月の12週25日間で万馬券12本含めて高配当を22本的中

高配当22本の内訳(3連複、馬単のみ)
80790円 39070円 36390円 32720円
32210円 28610円 18330円 14470円
14430円 12920円 12030円 11590円
9610円 9570円 8340円 7790円
6750円 5810円 5420円 4540円
4170円 2650円

去年の8月から今年の9月3週目までの
1年間以上60週の高配当的中70本の配当別の内訳

8万円台 1本 7万円台 2本 5万円台 3本
4万円台 2本 3万円台 5本 2万円台 8本
1万円台 20本 1万円以下 29本

【万券大王】は好調なので今週も高配当はお任せ下さい。

申し込みフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/8b980b60289710

買い方、買い目、料金詳細は コチラ

◆神戸新聞杯の調教診断

本調教が明日24日なので評価付けはしていません。

★アルバートドック
16日CW 85.4 69.0 53.4 38.6 12.2 強め

本調教が明日なので先週16日の時計を掲載しています。
前走終了後は放牧に出されて8月29日に栗東に帰厩しています。
翌日の30日から乗り込み開始していて7本時計を出しています。
攻めの量は足りていて負荷をかけて併せ馬を5本やっていて
負荷をかけて一杯で2本やっているので攻めの質も良いです。

切れ者のイメージがあるが近走でメンバー最速の上りだったのは
4走前の500万クラスゆきやなぎ賞しかありません。
ただ、近3走の自身の合算ラップは高評価できます。

毎日杯 4着 上り3Fはメンバー中で2位
自身の前半3F36.8秒 後半3F34.3秒 計71.1秒

京都新聞杯 3着 上り3Fはメンバー中で2位
自身の前半3F36.4秒 後半3F34.1秒 計70.5秒

白百合ステークス 1着 上り3Fはメンバー中で2位
自身の前半3F36.5秒 後半3F33.1秒 計69.6秒

近3走の上り3Fは全てメンバー中で2位だが
上り3F、合算時計を短縮させているので
レース毎に強くなっていることが分かります。


近5年の神戸新聞杯の3着内15頭の合算時計の順位です。

1位 71.6秒 オルフェーヴル
2位 71.8秒 ローズキングダム、ビッグウィーク
3位 72.0秒 エイシンフラッシュ
最下位73.7秒 ワンアンドオンリー

オルフェーヴルが断トツで速いのでその後の成績は納得でき
ローズキングダムは同年にジャパンカップを勝ち
ビッグウィークは次走で菊花賞を勝ちました。
15頭中で最も遅いのは去年のワンアンドオンリーで
その後の不振は当然なのです。

3着内15頭の合算時計の平均は72.44秒で
アルバートドックは阪神の毎日杯で71.1秒を出しているので
その時と同じくらい走れば勝ち負けできます。

ベストは1800mだと思うので距離に少し不安があるが
人気馬の中では一番欠点がないので扱い方が難しいです。

★キロハナ
16日CW 86.0 69.0 53.3 39.9 12.8 馬ナリ

本調教が明日なので先週16日の時計を掲載しています。
前走終了後に骨折が判明したので放牧に出されていたが
骨折が軽度だったので8月27日に栗東に帰厩しています。
翌日の28日から乗り込みを開始していて7本時計を出しています。
攻めの量は普通だが負荷をかけての一杯が1本もなく
CWコースで4F52秒台を出していないので質はイマイチです。

前走のつばき賞の勝ちっぷりが良かったので
人気になるがつばき賞のラップはたいしたことありません。

つばき賞 1分48秒0 上り3F34.0秒
前半4F48.5秒 後半4F46.2秒
レースの前後半3Fの合算時計69.8秒
自身の前後半3Fの合算時計70.1秒

つばき賞の自身の合算時計はレースより0.3秒遅く
このレースの合算時計の最速は2着のダノンリバティなのです。
それに翌日に同距離の3歳未勝利戦があったが
勝ち時計は1分48秒1だったので
キロハナの1分48秒0は驚くような時計ではないのです。


つばき賞の走破時計、合算時計がたいしたことなく
阪神と距離が初めてで骨折明けの出走になるので
乗り越えないといけない項目が多すぎます。

前評判が高くPOGでも人気で隠されたギアがあるかもしれないので
切り捨てることはできないが厚い印は絶対に打てません。

★リアルスティール
17日CW 80.8 66.0 52.0 38.3 11.6 強め

本調教が明日なので先週16日の時計を掲載しています。
前走終了後に骨折が判明したので放牧に出されていたが
症状が軽かったので9月2日に栗東に帰厩しました。
翌日の3日から乗り込みを開始していて5本時計を出しています。
攻めの量は普通だが坂路、コースを併用して
2週続けて速い時計を出しているので攻めの質は良いです。

春のクラシックの好走組が強いレースだが
リアルスティールは近年の1人気と違い全幅の信頼は置けません。

その理由はダービーの自身の上り3Fの遅さで
昨日22日のブログ、メルマガで公開したレース展望で
リアルスティールの上り3Fの時計の遅さを掲載しました。
近年の1人気と比較しているのでまだ見ていない方は
昨日のブログまたはメルマガバックナンバーをご覧になって下さい。


3歳トップクラスの実力馬なので切り捨てることはできないが
近年の1人気と比べるとダービーの上りがイマイチなので
厚い印は打てません。

◆神戸新聞杯の危険馬

馬名は  

前走終了後は放牧に出されて9月5日に美浦に帰厩しています。
翌日の6日から乗り込みを開始していて3本時計を出しています。
いつも量が少なくて結果を出しているので
3本ならば本数は足りているが2週前、1週前の時計が遅くて
1週前は攻め駆けしない併せ馬に圧倒されてしまい
直線の半ばから伸びが鈍っていたので攻めの質はイマイチです。

500万、1000万クラスを連勝してるが
2戦ともラップはたいしたことないのです。
500万クラスの水仙賞から1000万クラス芦ノ湖特別までの
3戦の自身の前半3F、後半3Fの合算時計は同じで72.7秒で
コース、距離、道中のラップが全て違うのに
自身は全て同じラップで走っているのです。

普通ならばアルバートドックのようにレースを使うごとに
時計を詰めてくるが全く同じで進歩、成長がなく
時計が速ければいいが遅いので高評価できないのです。


多頭数のレースが初めてで持ち時計を3秒以上も詰める必要があり
近3走の自身の合算時計から成長が無さそうなので
切り捨てることはできないが厚い印は絶対に打てません。


波乱続出の阪神、中山で
高配当を獲りたい方(申し込みフォームが使えない方)
info@manken-d.com へ申し込みして下さい。
用件のない空メールはご遠慮お願いします。

現在、gmail.com のアドレスの受け付けは不可ですが配信は可能です。
gmailアドレスに配信希望の方は他のアドレスで申し込みして下さい。
入会後に配信希望のgmailアドレスを聞きますので配信します。


当方からの返信は info@manken-d.com
からになるのでメール受信の際は設定に注意して下さい。
送信から12時間経ってもメールが届いていない方は
ご自身の携帯のメール受信設定をもう一度確認して下さい。

申し込みフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/8b980b60289710

ホームページ http://manken-d.com/
メルマガ http://keiba.tv/m002302
http://www.mag2.com/m/0000105907.html
ホームページ、メルマガに過去の全成績を掲載しています。

2002年の開設から偽りの成績を掲載した場合は全額返金しています。
買い目にないのに的中というような不正行為は当会は一切していません。
全て真実なので競馬最強の法則の取材を受けて雑誌に掲載されるのです。

スポンサーサイト



  1. 2015/09/23(水) 19:58:05|
  2. 調教診断