FC2ブログ

一撃必勝 万券大王

競馬最強の法則に8回も掲載され認められた本物の穴予想です。

サウジアラビアロイヤルCの調教診断

2000人参加の2013年~2014年の公式予想大会
年間回収率175.0%、+658750円
年間収支ランキング1位、3連複部門1位をダブルで達成
2000人以上の大勢の方が参加している大会で
月間1位でなく年間1位なのでとても名誉あることです。

今年の公式予想大会でも先週の時点で
年間回収率176.4%で堂々の第6位

偽りが絶対にない予想大会の実績が当会の実力を証明しています。


◆7月~10月1週まで14週29日間の【万券大王】の成績

近14週29日間の【万券大王】の買い目を均等同一金額買いで
1点300円購入 純利益+256020円
1点500円購入 純利益+426700円

近14週29日間の人気薄◎1頭軸マルチ3連単均等買いの場合
1点100円購入 純利益+611670円

近14週29日間で万馬券13本含めて高配当を23本的中

高配当23本の内訳(3連複、馬単のみ)
80790円 60030円 39070円 36390円
32720円 32210円 28610円 18330円
14470円 14430円 12920円 12030円
11590円 9610円 9570円 8340円
7790円 6750円 5810円 5420円
4540円 4170円 2650円

去年の8月から今年の10月1週目までの
1年間以上62週の高配当的中71本の配当別の内訳

8万円台 1本 7万円台 2本 6万円台 1本
5万円台 3本 4万円台 2本 3万円台 5本
2万円台 8本 1万円台 20本 1万円以下 29本

【万券大王】は好調なので今週も高配当はお任せ下さい。

申し込みフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/8b980b60289710

買い方、買い目、料金詳細は コチラ

◆サウジアラビアロイヤルカップの調教診断

★アストラエンブレム 評価 BとCの中間
坂路 56.6 41.6 27.2 13.4 強め

終い1Fが最速になる加速ラップを出したが
馬場が良い開門直後で大外でなく7分所を走ったのに
4F、3Fの時計が遅いです。
このような軽い攻めで開幕週の府中の高速馬場に
対応できるのか不安があるのでBとCの中間の評価にしました。

前走終了後は放牧に出されて9月20日に美浦に帰厩しました。
翌日の21日から乗り込みを開始していて
当週を含めて4本時計を出しています。
攻めの量は多くなく少なくもない普通です。
先週、2週前にコースで併せ馬をやり負荷をかけているが
近2走の当週は南Wコースで単走で速い時計を出したのに
今日は坂路で軽い走りでパターンを変えてきたことが気になります。

前走の未勝利戦はレース上り33.4秒より0.8秒も速い
32.6秒の鬼脚を使い2着だったブレイブスマッシュに
0.7秒差をつける大楽勝でした。
32.6秒の上りの速さは高評価できるが上り3Fのラップが
11.5-10.6-11.3の尻すぼみなのでたいしたことありません。


去年の勝ち馬クラリティスカイの前走のレースの上り3Fのラップは
11.7-11.4-11.6で落差の幅が小さく
2年前のいちょうステークスの勝ち馬イスラボニータの
新馬戦の上り3Fは11.8-11.3-11.5で落差の幅が小さく
3年前のいちょうステークスの勝ち馬フラムドグロワールの
前走の芙蓉ステークスは2着だったが上り3Fのラップは
12.0-11.4-11.2で加速しているのです。


ご覧のように近3年の勝ち馬は高評価できるラップのレースで
結果を出しているのでアストラエンブレムの前走の尻すぼみラップは
高評価できないのです。

それに勝ち時計1分34秒8も速くなく
前日の3歳未勝利戦で1分34秒0がでるくらいの
開幕週らしい高速馬場だったので驚くような時計ではありません。

切れ味はメンバー中で屈指なので切り捨てることはできないが
当週の攻めのパターンを変えてきて新馬戦のラップは高評価できないので
アストラエンブレムに全幅の信頼を置くことはできません。

★イモータル 評価 A
坂路 51.6 37.0 24.4 12.3 馬ナリ

1000万クラスのアドマイヤゴッドとの併せ馬でした。
手応えは相手の方が良くて終い1Fが最速にならなかったが
追えば弾けそうな手応えがあったのでA評価にしました。

前走終了後は放牧に出されて9月16日に栗東に帰厩しました。
2日後の18日から乗り込みを開始していて
当週を含めて6本時計を出しています。
コース、坂路の併用で週に2本時計を出し
2週続けて坂路で51秒台の速い時計を
併せ馬で出しているので攻めの質も良いです。

新馬戦は2着に0.8秒差をつける大楽勝でした。
ただ、上り3Fは32.9秒だったがレース上りが33.0秒で
イモータルの上りは0.1秒しか速くなく
上りラップが11.0-10.4-11.6で
終い1Fが大きく失速しているのでラップの内容はイマイチです。

それに勝ち時計1分49秒8は速くなくて
前日の2歳未勝利1800mの勝ち時計が1分48秒9なので
走破時計も高評価できないのです。

状態が良さそうなので切り捨てることはできないが
新馬戦の時計、上り3Fの尻すぼみラップが高評価できないので
イモータルに全幅の信頼を置くことはできません。

★ブレイブスマッシュ 評価 A
南W 67.1 52.5 38.7 12.5 馬ナリ

1000万クラスのジーニマジックとの併せ馬でした。
格上馬に並びかけることなく一気に馬ナリで交わし去り
終いが12.5秒なので文句なしのA評価です。

前走終了後は美浦に戻り9月21日から乗り込みを開始していて
当週を含めて3本時計を出しています。
前走から中4週で3本なので攻めの量が1本不足しているが
負荷をかけての併せ馬が3本なので攻めの質は良いです。

前走の札幌の未勝利1500m戦は鞭を一発も入れないで
レース上りより0.7秒も速い35.7秒の末脚を使い
2着に0.8秒差もつける大楽勝でした。
前週の2歳未勝利の牝馬限定戦が1分30秒5だったので
勝ち時計1分30秒3は驚くような時計ではないが
上り3F12.2-12.2-12.0のラップを
横典が鞭を一発も入れないで楽勝したのでラップは高評価できます。

新馬戦からの3戦は左回りの東京、中京、新潟で
違うコースだったが3走すべて内にササり気味でした。
右回りの前走はそのような仕草がなく真っ直ぐ走っていたので
今までの4戦を見る限り右回りの方が良さそうなので
また左回りに戻ることに不安があります。


内にササり気味に走る左回りになるのはマイナスで
アストラエンブレムに大きく離されたレースのラップ、時計が
高評価できないのでブレイズスマッシュに厚い印は打てません。

◆サウジアラビアロイヤルカップの危険馬

馬名は  

前走終了後は5日後の9月17日から乗り込みを開始していて
当週を含めて2本時計を出しています。
レース後の乗り込みの開始は早いが
中3週で2本しかやっていなくて攻めの量が不足していて
先週に負荷をかけて併せ馬をやっているが
当週が負荷がない栗東Pトラックで単走で
時計が遅い馬ナリなので攻めの質もイマイチです。
中2週、中3週と間隔を詰めての出走になり
馬体重が410k台の小柄で府中への輸送があるので
強い攻めができなかったのでしょう。

未勝利戦を34.1秒のメンバー中の最速上りで差し切ったが
レース上りが34.3秒で0.2秒しか速くなくて
2着馬の上りが34.2秒、3着馬が34.5秒の上りなので
高評価できる上りではないのです。

未勝利戦の勝ち時計は1分48秒8だったが
同日の新馬戦の1600mで1分34秒5が出るくらいの
高速馬場だったので1分48秒8はたいした時計はありません。


攻めの量、質がイマイチで未勝利戦の時計も速くなく
人気が先行しているので厚い印は打てません。


波乱続出の開幕週の京都、東京で
高配当を獲りたい方(申し込みフォームが使えない方)
info@manken-d.com へ申し込みして下さい。
用件のない空メールはご遠慮お願いします。

現在、gmail.com のアドレスの受け付けは不可ですが配信は可能です。
gmailアドレスに配信希望の方は他のアドレスで申し込みして下さい。
入会後に配信希望のgmailアドレスを聞きますので配信します。


当方からの返信は info@manken-d.com
からになるのでメール受信の際は設定に注意して下さい。
送信から12時間経ってもメールが届いていない方は
ご自身の携帯のメール受信設定をもう一度確認して下さい。

申し込みフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/8b980b60289710

ホームページ http://manken-d.com/
メルマガ http://keiba.tv/m002302
http://www.mag2.com/m/0000105907.html
ホームページ、メルマガに過去の全成績を掲載しています。

2002年の開設から偽りの成績を掲載した場合は全額返金しています。
買い目にないのに的中というような不正行為は当会は一切していません。
全て真実なので競馬最強の法則の取材を受けて雑誌に掲載されるのです。

関連記事
スポンサーサイト



  1. 2015/10/07(水) 20:55:54|
  2. 調教診断