FC2ブログ

一撃必勝 万券大王

競馬最強の法則に8回も掲載され認められた本物の穴予想です。

阪急杯の調教診断、Mアイル、ドンキのマイナス点を公開中

今年の【万券大王】の重賞レースの回収率288.6%

今年の【万券大王】の重賞の買い目を均等同一金額買いで
1点300円購入 純利益+298710円
1点500円購入 純利益+497850円

今週のアーリントンカップ、阪急杯も人気薄◎を軸にして
高配当を獲りにいくので会員様は大いに期待して下さい。


◆阪急杯の調教診断、評価

オメガヴェンデッタ 評価 A

前走後は放牧に出され2月2日に栗東に帰厩しています。
翌日の3日から乗り込みを開始していて
当週を含めて6本時計を出しています。
コース、坂路併用で6本なので攻めの量は足りていて
3週続けて併せ馬一杯でやり速い時計を連発で出しているので
攻めの質も良く状態は上昇しています。

ダノンシャーク 評価 AとBの中間

前走後は放牧に出され2月2日に栗東に帰厩しています。
翌日の4日から乗り込みを開始していて
当週を含めて6本時計を出しています。
攻めの量は足りていて3週続けて併せ馬一杯でやり
終い1Fの時計が優秀なので攻めの質も良いです。

ミッキーアイル 評価 BとCの中間

香港から12月15日に帰ってきて放牧に出され
2月2日に栗東に帰厩しています。
翌日の3日から乗り込みを開始していて
当週を含めて6本時計を出しています。
帰国した直後に熱発して体調を崩しているが
栗東に帰厩してから6本やっているので熱発の影響はなく
2週続けて2F24秒台を出し負荷をかけてやっているが
当週の終い1Fの伸びがイマイチで逆手前で走っていたので
万全とは言えない状態です。

下記のレース展望にマイナス点を掲載しているので
見逃さずにご覧になって下さい。


ミッキーラブソング 評価 AとBの中間

前走終了後は8日後の1月13日から乗り込みを開始していて
当週を含めて10本時計を出しています。
中7週で10本なので攻めの量は多く
3週続けて併せ馬をやり負荷をかけてやっているので
攻めの質も良いです。

レッツゴードンキ 評価 B

前走後は放牧に出され1月15日に栗東に帰厩しています。
翌日の16日から乗り込みを開始していて
当週を含めて10本時計を出しています。
コース、坂路併用で10本なので攻めの量は多く
2週続けて2F24秒台を出し負荷をかけ一杯でやっているが
2週とも終い1Fが最速でないので攻めの質はイマイチです。

下記のレース展望にマイナス点を掲載しているので
見逃さずにご覧になって下さい。


◆阪急杯の危険馬

※※※※ 評価 C

その馬は   

前走終了後は2本時計を出しています。
中2週で2本なので攻めの量は足りていて
阪神への輸送があるのに先週に3頭で併せ馬をやり
当週に強めで時計を出してきたので攻めの質も悪くありません。
ただ、前走の当週と今回の当週の3F、1Fがほぼ同じなのに
反応が違っていて前走の方が終いの伸びが良かったので
状態は下降気味です。

前走で◎にして大万馬券を獲らせてもらった馬だが
状態が落ちていて前走がピークで狙い目だったので
今回は危なっかしいです。

申し込みフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/8b980b60289710

買い方、買い目、料金詳細は コチラ

◆阪急杯のレース展望

近5年の1人気は【1.1.1.2】、2人気は【2.1.0.2】、
3人気は【0.1.0.4】で全幅の信頼が置ける成績ではなく
3年続けて8人気以下の人気薄が激走していて波乱になっています。

近5年の3着内15頭中の年齢は4歳が6頭、5歳が5頭、6歳が3頭、
8歳が1頭で4歳、5歳が圧倒的に有利で6歳以上はイマイチです。
今年の人気馬のほとんどが4歳、5歳だがダイワマッジョーレは7歳、
ダノンシャークは8歳なので近5年のデータ上では厳しそうです。

阪急杯は年末の阪神カップと同舞台の1400mなので
近5年の3着内15頭で7頭が阪神カップ組だが
阪神カップで3着内でこのレースでも3着内だったのは
去年のダイワマッジョーレしかいないので結果は直結せず
阪神カップで負けた馬が巻き返すケースが多いのです。

今年の阪神カップ組はダノンシャークしかいなくて
阪神カップは15着に大敗しているが13年のオリービンが15着、
14年のコパノリチャードが10着の大敗から3着に来ているので
ダノンシャークは8歳の年齢がマイナスだが巻き返しは可能です。

ミッキーアイルは去年は58kで2着だったが
今年は57kなので斤量減で出走できるのは好都合です。
ただ、浜中の怪我で松山に乗り替わるのは大きなマイナスで
今年の松山は年明けから芝レースが大不振でまだ1勝しかしていなくて
特別レースの連対率が17%でボロボロなので信用するのは危険です。


レッツゴードンキは55kと距離が大きなマイナスです。
近5年で3頭の牝馬が3着内に来ているが3頭とも全て54kで
1200~1400mの重賞、OP特別で3着内があったので
55kの斤量で1400m以下の出走が初めてのレッツゴードンキに
全幅の信頼を置くことはできません。

去年は9人気◎ローブティサージュが3着に激走したが
4人気のミッキーアイルを切ってしまう無謀なことをして
3連複48690円の特大万馬券を獲り損ねてしまう
大チョンボをしてしまい会員様にご迷惑をかけてしまいました。

阪急杯は今年も大きく荒れそうな匂いがしていて
去年の分まで獲り返す意気込みでいるので
人気薄◎から高配当だけを狙いにいきます。

必ず【万券大王】で配信するので会員様は大いに期待して下さい。


申し込みフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/8b980b60289710

◆最近の成績

今年の【万券大王】の重賞レースの回収率288.6%

今年の【万券大王】の重賞の買い目を均等同一金額買いで
1点300円購入 純利益+298710円
1点500円購入 純利益+497850円

近4週の【万券大王】の買い目を均等同一金額買いで
1点300円購入 純利益+169620円
1点500円購入 純利益+282700円

近4週の人気薄◎1頭軸マルチ3連単均等買いの場合
1点100円購入 純利益+157610円

近4週は特大万馬券3本含めて高配当7本的中で爆発中です。

先週の【万券大王】的中なし
2週前【万券大王】クイーンCの6160円を的中
3週前【万券大王】東京新聞杯76830円を含め高配当2本的中
4週前【万券大王】46300円、13320円含め高配当4本的中
5週前【万券大王】的中なし
6週前【万券大王】3連複5950円を的中
7週前【万券大王】京都金杯の23080円を含め高配当2本的中
8週前【万券大王】31010円、11970円含め高配当3本的中

近33週69日間で万馬券27本含めて高配当を48本的中

高配当48本の内訳(3連複、馬単のみ)
93780円 80790円 76930円 60030円
46300円 39070円 36390円 32720円
32210円 31010円 28610円 24850円
23830円 23080円 21030円 18510円
18330円 14470円 14430円 13950円
13320円 12920円 12240円 12030円
11970円 11590円 11090円 9610円
9570円 9380円 8600円 8580円
8340円 7910円 7790円 6750円
6690円 6160円 6010円 5950円
5810円 5500円 5420円 5080円
4540円 4170円 3750円 2650円

【万券大王】は好調なので今週も高配当はお任せ下さい。

波乱続出の小倉、アーリントンカップ、阪急杯で
高配当を獲りたい方(申し込みフォームが使えない方)
info@manken-d.com へ申し込みして下さい。
用件のない空メールはご遠慮お願いします。

現在、gmail.com のアドレスの受け付けは不可ですが配信は可能です。
gmailアドレスに配信希望の方は他のアドレスで申し込みして下さい。
入会後に配信希望のgmailアドレスを聞きますので配信します。


当方からの返信は info@manken-d.com
からになるのでメール受信の際は設定に注意して下さい。
送信から12時間経ってもメールが届いていない方は
ご自身の携帯のメール受信設定をもう一度確認して下さい。

2000人参加の2013年~2014年の公式予想大会
年間回収率175.0%、+658750円

年間収支ランキング1位、3連複部門1位をダブルで達成
2000人以上の大勢の方が参加している大会で
月間1位でなく年間1位なのでとても名誉あることです。

偽りが絶対にない予想大会の実績が当会の実力を証明しています。

買い方、買い目、料金詳細は コチラ

ホームページ http://manken-d.com/
メルマガ http://keiba.tv/m002302
http://www.mag2.com/m/0000105907.html
ホームページ、メルマガに過去の全成績を掲載しています。

2002年の開設から偽りの成績を掲載した場合は全額返金しています。
買い目にないのに的中というような不正行為は当会は一切していません。
全て真実なので競馬最強の法則の取材を受けて雑誌に掲載されるのです。

関連記事
スポンサーサイト



  1. 2016/02/25(木) 18:55:32|
  2. レース展望